ヘルペスの感染の原因は性交渉がほとんどだと言われています。ヘルペスに感染しないためにもコンドームを使用して性行為をされると安全です。こちらではヘルペスの感染経路などを説明していきますので参考にしてください。

ヘルペス感染の経路と、効果的な薬剤

ヘルペスという病気は、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
大人がかかるイメージがありますが、子供のうちからウイルスに感染している場合が多く、症状が何をきっかけにして出てくるかは人それぞれです。
再発を繰り返し、完治しないという理由から怖い病気に思っている人もいるかもしれません。
しかし、症状の出方や原因、感染経路の把握や再発防止の対策など、正しい知識を身につけておけば上手に対応しコントロールすることができます。

この感染症は一般的なウイルスであり、ほとんどの人が子供のころかかる水ぼうそうもそのひとつです。
症状としては、ウイルスが皮膚や粘膜に感染して、水ぶくれができてかゆみを伴います。
ウイルスの特徴は、一度感染すると体内の神経細胞の中に一生棲みついてしまう潜伏感染であるということです。
ウイルスが神経細胞の中で潜伏しているときには症状は出ませんが、体の抵抗力が衰えた状態になると、ウイルスが増殖をはじめ皮膚や粘膜に現れるのです。
このように、症状が一旦治まったとしても再発を繰り返す可能性のあるやっかいな面があるのです。

単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、水ぶくれなどの症状が出ている時期は大量にウイルスを発生しています。
この時期の患者に接触をすると感染する可能性が非常に高くなります。
子供でも多く症状が出る口唇ヘルペスの場合は、接触感染がほとんどで家族観でのキスや、幹部を触った手で相手に触れることで感染します。
ウイルスがついたタオルやグラス、洋式トイレの便座を介して感染することもあります。
少しでも症状や前兆があった時には、家族にうつさないようにすぐに伝え対策をして同じものを使わないようになど配慮をすることが大切です。
主な種類のもうひとつとして、性器ヘルペスがあります。
性行為でうつるものなので、少しでも症状を感じたらパートナーとの性行為は控えましょう。

ヘルペスの症状が出てしまったときには、薬剤で治療することが一番早く治りやすいです。
たくさんある薬の中でも、バラシクロビルという有効成分を含むバルトレックスはとても効果が高い薬剤です。
吸収率が良く、副作用も少ないといわれています。
DNAポリメラーゼ阻害薬という種類の薬剤になり、ウイルスが増殖して症状が悪化していく際には、体内でウイルスDNAの複製が行われています。
バラシクロビルはこのウイルスの複製を阻害してくれる作用があり、治療だけでなく再発防止にもつながるためヘルペスにはバラシクロビルと覚えておくと良いでしょしょう。